ISOの吸い出しに関する記事

ISOアイコン001
ここではISOの吸い出し方法について書いていきます。
注意事項 ISOのダウンロードの記事は極力載せませんが、一応リンクは張っておきます。やるときは自己責任でお願いします。
FileCrop File Search  MU/IF ott7s PSP Game Uploads


ISOをPSPから直接吸い出し
PSP Filerが便利です。操作も簡単な上、日本語が使用できるため我々には使いやすいソフトです。また、ISOの吸い出し精度が非常に高いのも魅力の一つでしょう。
PSp Filer ICON0
PSP Filer Ver.6.6 ダウンロードリンク先
導入方法
① 上記リンクサイトのDownload 6.6というリンク先をクリックします。
② ZIPファイルをダウンロードできますので、ダウンロードして解凍します。
③ FW1.50の方はGAME150フォルダの中のFILERフォルダをMSのPSP -> GAMEへ、FW1.00の方やCFWの方はGAMEフォルダの中のFILERフォルダをMSのPSP -> GAMEへコピーしてください。
④ XMBから実行してください。

①起動したら、UMDを挿入して△を押し、Rを押します。
②UMDが正しく読み込まれれば、OSKが出現します。保存するISOのファイル名を入力してSTARTを押します。
③UMDのリッピングが開始されますので、終了するまで待ちましょう。
④途中でMSの容量がたらなくなると、エラーメッセージが出てリッピングを終了します。その際ISOフォルダ内にできた無駄なファイルを削除しておいた方がいいです。
⑤正常に終了すると、UMDの読み込みが終了したというメッセージが出ますので、×で終了します。PSP Filerを終了し、XMBで確認して認識されていれば完了です。

ISOをPSP仲介してPCから吸い出し
① PSPをPCに繋ぎます。
② RECOVERY MODEでPSPを起動させます。(R押しながら再起動)
③ Configuration -> XMB Usb Device ->をUMD Discにします。
④ Back -> Exit ->でXMBに戻ります。
※ VSHメニューを使い、USB DEVICEをUMD Discに変える方法でもよいです。そっちのほうが楽かな…?
⑤ 設定へ向かい、USB接続をします。(メモリースティックを入れておいてください。でないとPCで認識しません)
⑥ PCにリムーバブルディスクの項目が表示されたら、そこにアクセスし、UMD9660.ISOというファイルをPCのどこかにコピーします。
⑦ コピーが完了したら、ISOファイルの名前を適当な半角英数字の名前に変更します。(UMDの中身のISOが全てUMD9660.ISOという名前なので、変えないと分からなくなります。)
⑧ 先ほどの②~④の手順をとり、デバイスをメモリースティックに戻します。
⑨ メモリースティックを接続し、ms0/ISO/というフォルダを開き(なければ作成し)そこに先ほどコピーしたISOファイルをコピーします。
⑩ CFWが正常に動作していてかつISOが逝っていなければ、ゲーム-メモリースティックの中にUMDを入れた時のプレビュー画面が表示されるはずです。
⑪ さあ、コピーゲームをプレイしましょう!(メモリースティックはFlashMemoryだから、ISOの読み込み速度が格段または少し上昇しているはずです。)

ISOが起動しない!!?
全てのISO共通
※ CFWのバージョンは大丈夫ですか?アップデートすればたいがいは大丈夫です。
※ RECOVERY MENUのConfiguration -> UMD ModeがNormal -UMD required-になっていませんか?これはUMDのみから起動できるという設定ですから、そのほかのModeにすれば大丈夫だと思います。
※ プラグインを全て無効にしてみてください。プラグインのせいで起動しないのかもしれません。
※ RECOVERY MENUのConfiguration -> Use version.txtをEnabledにしてみてください。これは要求FWのバージョンを偽装することができる項目です。特に5.50GEN-D2や5.50GEN-D3で効果を発揮します。
5.00より下のFWを要求するISOの場合
※ RECOVERY MENUの中のAdvanced -> Advanced configuration -> Plain modules in UMD/ISOをEnabledにしてみてください。それでもだめならExecute BOOT.BIN in UMD/ISOもEnabledにしてみてください。どちらも起動率アップのための設定です。
5.02より上のFWを要求するISOの場合
※ RECOVERY MENUの中のAdvanced -> Advanced configuration -> Plain modules in UMD/ISOとExecute BOOT.BIN in UMD/ISOの項目をDisabledにしてみてください。この項目は5.50GEN-D2と5.50GEN-D3の"6.XXゲームへの対応"の項目を解除状態にするようなので、これを切れば起動するはずです。
上のを全て試したがそれでも起動しない時は
※ flash1の中身をフォーマットしてみてください。設定がすべてリセットされ、破損した設定ファイルがリセットされて、起動の妨げを解消するかもしれません。
※ ISOを吸い出し直してみてください。もしかしたらうまく吸い出せてないだけかもしれないので、これで起動するかもしれません。
※ CSOを使っている場合、CSOの圧縮をISOに復元してみてください。圧縮率が高く、起動しないのかもしれません。だめなら、元のUMDから吸い出し直すのも一つの手です 。
PSP ISO Compressor ←ISO・CSO・JSO・DAXの相互変換が可能なソフトです。オススメ
※ ISOにプロテクトがかかっていませんか?そうだった場合、解除しなければなりません。バイナリをいじるのが普通ですが、初心者には敷居が高いため、プラグインを使用するのがお勧めです。  DS PSP初心者用講座サンより PSP対策ISO起動を突破する方法解説

最終手段

※ CFWを入れ直してみましょう。設定からオリジナルRCOまで全てリセットされるため、flash0のバックアップを強くお勧めします。また、入れたいバージョンによってはパンドラバッテリーやMMSが必要になる可能性があります。パンドラバッテリーやMMSは、PSP本体がflashの問題で起動しなくなった場合に復活させられる可能性があるので、あらかじめ1つずつ用意しておくと無難です。

 ←ぽちっと押して頂ければ幸いですw

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://pspcustom141.blog97.fc2.com/tb.php/3-e2c88ade